逕」蠕後・鬪ィ逶、縲√き繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け

浜松市中区、カイロプラクティック

【恐怖】あなたどちらのタイプですか?コレさえ理解できれば「死」を恐れる必要はありません【 岡田斗司夫 切り抜き サイコパス 】


核融合のギモンまとめて答えます


ドイツの傑作爆撃機!民間旅客機を装って開発された新生ドイツ空軍高速の中型爆撃機ハインケルHe111について【ゆっくり解説】


【今年、最初の…】雪の華 / 中島美嘉(フル歌詞付き / Covered by Macro Stereo & Elmon)


【ゆっくり解説】津波が来るという救助隊の警告を無視し続けた挙句、あまりに非常識な行動を取った結果…


日本のP-3Cに世界が恐怖!?対潜哨戒に革命をもたらした哨戒機「P-3C」とは?【梟軍事情報局】



産後の骨盤矯正


産後の骨盤矯正を受けたことありますか?


出産後に行く産後の「骨盤矯正」をご存じでしょうか?最近、出産された方達で知らない人達はないんじゃないでしょうか?産後の骨盤矯正が聞かれるようになったのは、30年くらい前からでしょうか。 それより前にも産後の「骨盤矯正」は存在していたのですがこの頃のように普通には知られていませんでした。 30年前くらいにテレビや雑誌で取り上げられるようになり少しずつ産後の骨盤矯正は、普通の人にも知られるようになりました。

産後の骨盤はズレる?


出産の時、骨盤は、赤ちゃんが骨盤を通過しやすいように骨盤の関節が左右に広がります。 普通はほとんど可動しない骨盤の仙腸関節は出産が多少でも苦痛が楽になるようにホルモンで柔軟性が増えて大きく広がります。 一番に恥骨の間と左右の坐骨の間が左右に広がります。 腸骨と仙骨の間の仙腸関節(せんちょうかんせつ)は動きはありますが大きく広がったりしません。 「骨盤」の関節が柔軟性が増し始めるのは出産前からで、出産時もっとも広く広がります。 広がった骨盤は、産後元の状態に戻ります。

産後に骨盤は歪む?


一般に産後「骨盤」は元の場所になります。 しかし、出産後元の位置に戻らず腰痛や坐骨神経痛などを発症することがある。 どのように骨盤はズレるのでしょうか?

赤ちゃんによって歪む


妊娠中にお腹の赤ちゃんが徐々に成長します。 大きくなったお腹の赤ちゃんに「骨盤」が中から押されて骨盤が歪みます。

妊娠中の性活習慣によって骨盤が歪む


毎日の生活で骨盤がズレるような癖がある。 元々骨盤がズレていれば、産後にもそのズレが持続することがある。 産後骨盤は出産前の元の骨盤に戻りますが、元々の骨盤の状態が歪んでいれば、歪んだ状態になります。

産後骨盤が戻らなかった場合


産後に「骨盤」は出産前の骨盤に戻ろうとしますが、いくつかの要因で骨盤が元に戻らずズレた状態になることがあります。 この場合、ひどい痛みが出ることがありあります。 痛みが出るところは恥骨周辺の場合もありますが、腰部に発症する場合もある。

出産後、しばらくして歪む場合


出産後しばらくの間は、骨盤の関節は緩くなった状態になっていたりします。 その時期に子供の世話などで、歪んだ姿勢でいる時間が長かったりすると、産後骨盤が正常に戻った後でも徐々に歪んでしまう。

一般的な骨盤矯正


最近では、婦人科などでも骨盤のズレに対して骨盤を安定させるように締める着ける骨盤ベルトを使用するように奨めることもあります。 また雑誌、テレビ、ネットなどで自分で骨盤の関節のズレを修正する骨盤矯正体操なども紹介されるようになった。 婦人科で紹介される骨盤ベルト「骨盤」を締め付けるように「骨盤」の関節を圧迫するだけです。 婦人科では、どんな感じで骨盤がズレているかを確かめることはない。 産後骨盤がズレていることを大前提に簡単に締め付けてあげるだけです。 骨盤矯正体操は、柔軟などのエクササイズや骨盤にゴムチューブを巻いて骨盤を動かしたりして「骨盤」を歪んでない状態に戻そうとするものなのですが、自分の骨盤の状況がどのように曲がっているかを知る方法を教えてくれないので自分の骨盤の曲がった状態を知ることはできない。 柔軟体操や「骨盤」を動かすエクササイズをやっても自分の「骨盤」の状態を知っていなければ、理想の骨盤に治すには、どちらの方向に動かしていいか判断できません。 自分自身の状況が分かっていないのに行う骨盤矯正のストレッチや体操は、動いているうちに運よく正しい状態になってくれるのではないかという「偶然を願ってする神頼み」のようなものです。

産後のカイロプラクティックの骨盤矯正


背骨矯正の専門の治療であるカイロプラクティックは、「骨盤矯正」のプロでもあります。 カイロプラクティックは骨盤の歪みを検査して、「骨盤」のズレを良い状態に戻すように骨盤を調整していきます。 「骨盤」を理想の状態に治すには、骨盤の歪んでいる状態を確かめる必要があります。 「骨盤」の状態を理解しなければどのように骨盤を動かせば元の骨盤に戻すことができるかわからない。 前述の一般人が行う「骨盤矯正」では、骨盤の状態を考えずに調整を加える為、最悪の場合骨盤の歪みが大きく悪化することもある。 このようなことは珍しくありません。 産後の「骨盤矯正」を考えるのであれば、カイロプラクティックで施術することが最もお奨めです。 またエステの骨盤矯正は、個人の印象なんですが、「骨盤」の歪みが無いにもかかわらず、大げさに骨盤がズレていると患者を不安な気持ちにさせ必要の無い治療を長期間に渡って行う傾向が強いようにおもいます。 正直信用できない所も多いような気がします。

出産後に骨盤矯正は必要?


近頃の「骨盤矯正」の宣伝を見ていると、出産後の骨盤矯正は必ず必要と言わんばかりの宣伝文句が目立ちます。 「骨盤矯正」は産後必ずするべきなのでしょうか?答えは「NO」です。 骨盤矯正がどうしても必要なくらい体に影響するのであれば、骨盤矯正ができなかった時代はどーだったのか?「骨盤矯正」ができなかった時代でもなんの問題もなく皆さん出産していました。 出産後骨盤のほとんどは、出産前の正しい状態に自然に戻ります。 しかし中には産後に骨盤が曲がってしまう人達がわずかながらいます。 ほとんどの人達は、産後の骨盤矯正はいりません。 「骨盤矯正」が必要な方は、出産後なんらかの異常を生じた場合だけです。 出産後の骨盤の歪みが心配であれば、しっかり検査をしてくれる「カイロプラクティック」に行きましょう。 まともなカイロプラクティックは、「体形が崩れる」「太りやすくなる」などと言って骨盤矯正を奨めることはありません。 正直なカイロプラクティックでは、曲がっていない「骨盤」をズレていると言って必要のない「骨盤矯正」を奨めることもありません。 普通の方は、出産後の「骨盤矯正」は必要としないことを知っておきましょう。

営業トークに要注意!


骨盤のズレをそのままにすると「太りやすくなる」「体形が崩れる」「下半身太りになる」など必要もないのに産後の「骨盤矯正」を奨めるエステや整体などは一度良く考えてからにして下さい。 出産後に「太ったり、体形が崩れる」のは「骨盤」が歪んだのが要因なのでしょうか?このようなことの原因の大多数は骨盤ではなく性活環境です。 出産して習慣が大きく変化すると、太ったりして体形が変化することは特別変わったことではありません。 しかし産後の「骨盤矯正」を売りにするエステや治療院は、産後の体形の変化を全て骨盤のズレのせいにして、「骨盤矯正をすれば体形をもどせます」と宣伝をするのです。 体形が変る要因が骨盤のズレであれば、骨盤のズレを矯正するだけで体形を元に戻すことができるはずですが、骨盤矯正だけで身体が元どうりにもどる人はごくわずかです。 その為、ダイエットサプリやストレッチや筋トレなどの運動も平行して処方しようとする治療院がおおく、「骨盤矯正」では体形は元にもどせないと自白しているのと同じことです。 骨盤矯正に過度の期待をするのは間違いです。 怪しいエステや治療院には気を付けよう。 産後の骨盤矯正、カイロプラクティック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です